手動

診断ソフトウェアを読み込む

診断ソフトウェア イメージの読み込み

最初, 診断ソフトウェアを実行するを選択します。. カスケードをサポートします。 スキャン プロ ・ カーマンはスキャン ROM をバイナリ形式でパックします。, LHA アーカイブとして (通常。DAT の拡張子), 自己解凍 RAR ラッパー (.EXE ファイル; これは現代 S システムの出荷方法). 平野バイナリ ROM イメージではない任意のファイルに自動的にアンパッケージされます。. また見なさい “現代自動車と起亜自動車のHi-Scan Proソフトウェアを取得する“.

メイン画面

左上に、エミュレートされた液晶画面が表示します。. 以下は、エミュレートされたファンクション キーおよびヒント表示です。, カスケード表示する場所をあなたの車と成功した接続の取得のためのヒント. さらにダウンが記録/再生ボタンです。, 、 “グラブ キーボード” チェック ボックス, マシン ステータス インジケーター.

、 “グラブ キーボード” チェック ボックスが通常有効になっているし、キーボードを使用して診断ソフトウェアを使用できることを確かめる, 使用するよりもはるかに便利である、画面上のボタン. その他の目的のため、キーボードを必要する場合 (場合など、カスタムのボー レートを入力します。), キーボード ユーザー インターフェイスを使用できるようにそれをオフにします.

マシン ステータス インジケーターは言う場合 “実行しています。”, システムが動作して. それは言う場合 “停止”, システムを停止します。. 通常, つまり、診断ソフトウェア イメージがまだ読み込まれていません。.

ステータス Led

ステータス Led

右側に、内部で何が起こっているを垣間見ることを提供する Led のステータスを参照してください。:

  • “シリアル” シリアル ポートがアクティブになったときに点灯します。.
  • “データ rx” と “データ テキサス州” 光をされているデータの受信または送信, それぞれ.
  • “休憩” ISO 9141 “遅い初期化” または ISO 14230 “高速初期化” 実行されます。, それは診断ソフトウェア K ラインを介して ECU との接続を確立しようとしています。.
  • “eeprom” 非揮発性メモリがアクセスされたときをオンにします, 起動時に例えばまたは診断ソフトウェア システム設定を変更します。.
  • “エコー” カスケードが返送されるすべてに送信されたバイトが実行されている診断ソフトウェアに期待していることを判断したかどうかには (エコー); これは主 “観光情報”, カスケード設定の変更に自動的に.
  • “ビープ音” 元のデバイスがビープ音場合点灯, はるかに少ない迷惑なことに決めました. 🙂
  • “ことができます。” ことができます、インターフェイスが切り替わったことを示すバス モード. この LED がオフの場合, システムが K/L モードです。.
  • “iface” お使いのコンピューターとカスケードで使用されているインタ フェースが接続されているかどうかを示しています。. この LED がオフの場合, 通信は可能ではありません。. 通常, それがオフに適したインタ フェースが接続されていないため, FTDI ドライバーがインストールされていない、または.
  • “rec” 記録セッション中にターン, と “再生” 1 つを再生するとき.

キーパッド

Led 下, 診断ソフトウェアを制御するためのキーパッドを見つける. これらのボタンは、キーボード上のキーにマップされます。, 簡単にされ従ってそれらを使用する方法をお勧めします. マッピングは次のとおりです。:

Hi-Scan/CS1ボタン         CASCADEキー
ON/OFF                  F10
*                        B (バックライト制御, カスケードが機能しません。)
SHIFT SHIFT (左または右)
HELP                     F12
左/右/上/下                  左/右/上/下カーソルキー
0 ... 9                  0 ... 9 (メイン ・ キーボードまたは数字キーパッド)
NO                       N
YES                      Y
ESC                        ESC キー
UNDO                    backspace キー
戻るを入力または ENTER (数値キーパッド)

ボー レート制御

以下のキーがカスケードの最も重要な機能の 1 つ見つける: 伝送速度 (ボー レート) コントロール. 速度が自動的に決定される多くの場合することができますが, 多くのケースではあなたの車の電子機器との通信に成功するために適切な速度を設定することが重要です。.

、 “ボー レート制御” ボックスがデフォルト “自動”, 人間の介入なしに正常速度を設定することができる診断ソフトウェアを信頼するそれを意味します。. この基準を厳守して車のためによく働く, しかし、多くの場合, カスケード速度を手動で設定することによって支援する必要があります。. これを行うに, 数の近くの 3 番目のラジオ ボタンをクリックすることができますフィールド, 既定では, 言う “9600”. ここで, 正しいボー レートを選択することができます。 – あなたが知っている場合 – または診断する ECU への接続に成功するまで単に異なる設定を試す. 定義済みのボーレートに制限されていません。 (これらは、最も一般的なものでありこうして最初に試行されます必要がありますが), またカスタム ボー レートでキーすることができます。. これを行うに, 選択を解除します “グラブ キーボード” チェック ボックスをオンし、選択したボー レートを入力します, 選択し、 “グラブ キーボード” もう一度チェック ボックス. (すべては、この K/L モードにのみ適用されることに注意してください。; コントロール ユニットは話すことができるを場合, これで気にする必要はありません。)

右側に, の “現在のボー レート” ボックス, 実際に使用されている通信速度を見ることができます。 (“実際”), 診断ソフトウェアと考えている必要があります使用されます。 (“要求されました。”). ボー レートを設定するときにもこれら 2 つの値のわずかな違いがあるかもしれないことに注意してください。 “自動”. これは、デバイスのシリアル ・ ポートと、ドライバ ソフトの USB-シリアル変換器の違いのためです。. 心配してはいけない, 違いは、通常 1% 前後, 完全に無害であり、接続に問題は発生しません.

K 行

翼列の 1 つの欠点は、USB インターフェイスのワイヤを切り替えることはできません。, 元のデバイス インターフェイスが対応しています。. 通常, それがほとんどの車は標準のピン 7 に接続されている少なくともいくつかのコンポーネントを持っているので、問題を提起しません。; いくつかのメーカー, しかし, 二次制御ユニット診断コネクタ上の他のピンに接続します。, 意味 – 残念なことに – インタ フェースのハードウェアを変更せずに接続することができないこと, すなわち. 行を再配線ピン 7 には別のピン接続.

カスケードはあなたのことを行うことが可能ではありませんが, 少なくともあなたがピンについて正しいものであるかもしれないヒントを与えることができます。. ECU に接続しようとする場合, と、 “K 行” インジケーターは 7 よりも別のピンを示しています, あなたの車はおそらく標準ピンの割り当てを使用している場合を調査する場合があります。. メモ, しかし, カスケードで使用されるヒューリスティックが 100% 確実という訳ではないこと, 相談する必要がありますので、 あなたの車の配線図 あなたの車には、変更の USB インターフェイスを接続する前に、正しい pin を使用するかどうかを確認するには. (もう一度, これのどれも缶に診断された車に適用されるバス, 常に規格のピン配列を使用します。)

インターフェイス名

K 行インジケーター下カスケード接続されているインタ フェース チップの名前を見ることができます。. これは言う場合 “[なし]”, カスケード任意インターフェイスを見つけることができなかった. 理由としては、上記の詳細, 説明で、 “iface” LED.

メニュー

“ファイル” メニュー

ここで, 別の診断ソフトウェアを読み込むことができます。 (“ROM をロードします。”), ロードおよび保存の状態 (登録されたバージョンのみ), または、アプリケーションを終了.

“マシン” メニュー

このメニューでは、スキャナー システムを制御することができます。, すなわち、非揮発性メモリを消去することがなくそれをリセットするには (“リセット”), それをリセットし、また非揮発性メモリをクリアして (“工場出荷時リセット”).

“ヘルプ” メニュー

[ヘルプ] メニュー, “オンライン ヘルプ” このページにつながる; 、 “について” ソフトウェアのバージョンに関することを示すボックス.

ワードプレスのテーマ